▲TOPへ戻る

ホーム>コンテンツ一覧>ブログのご紹介>GmailとかGoogleアプリの。>Google スプレッドシート とは

GmailとかGoogleアプリの。

Gmail

とか

Google

アプリの。

Google スプレッドシート とは

Google スプレッドシート GoogleGoogle SheetsGoogle アプリGoogle スプレッドシート
         

この記事では「Google スプレッドシート」の特徴についてMicrosoft Excel との異なる点を比較しながら説明します。

目次

  • Web ブラウザで編集・閲覧できる
  • 共同編集ができる
  • すぐに自動保存される
  • Google ツールとの連携できる
  • まとめ

まず始めに、Google スプレッドシートとはGoogle 社が提供している無料で使用できる「表計算ソフト」です。

Google スプレッドシート

Google アカウントを持っていれば誰でも使用でき、どのデバイスでもオンライン上でスプレッドシートを作成し、リアルタイムで共同編集を行うことができます。

主な機能としては

  • 表の作成・計算
  • グラフの挿入
  • 共同編集

が挙げられます。

表計算ソフトの代表的なものにはGoogle スプレッドシートの他に冒頭で挙げたMicrosoft Excel があります。Microsoft Excel との大きく異なる点は4つ挙げられます。

  1. Web ブラウザで編集・閲覧できる
  2. 共同編集ができる
  3. すぐに自動保存される
  4. Google ツールとの連携ができる

などが挙げられます。

これらについて、以下に詳しく解説します。

Web ブラウザで編集・閲覧できる

Google スプレッドシートはWeb ブラウザ上で使用できます。Microsoft Excel はパソコンにアプリをインストールする必要があります。一方、Google スプレッドシートではインターネットに接続していれば、いつでもどこでも自由にWeb ブラウザ上での編集が可能です。

共同編集ができる

Google スプレッドシートでは1つのシートを複数のユーザーで共有しながらリアルタイムでの編集が可能です。誰がどこのセルを編集しているかなどの作業内容を一目で確認することが可能です。最大100人のユーザーに対しファイルの閲覧、編集、コメントを同時に行えるよう権限を与えることが可能です。

参考サイト:ファイルの共有と共同編集

すぐに自動保存される

Microsoft Excel と異なり編集後自動的に瞬時にファイルが保存されます。そのため、「ファイルを保存し忘れデータが消えてしまった」ということを回避できます。また、スプレッドシートでは好きな時点に遡って編集することも可能です。

Google ツールとの連携できる

Google 上のその他のアプリとの連携が可能です。

以上4点になります。

まとめ

今回、この記事ではGoogle スプレッドシートの特徴についてMicrosoft Excel と比較しながら説明してきました。これらの特徴を把握したうえで必要に応じたツールを使用することが最適です。

以上、Google スプレッドシートとはどのようなものかの説明でした。

Google スプレッドシート とは

Google スプレッドシート GoogleGoogle SheetsGoogle アプリGoogle スプレッドシート          

この記事では「Google スプレッドシート」の特徴についてMicrosoft Excel との異なる点を比較しながら説明します。

目次

  • Web ブラウザで編集・閲覧できる
  • 共同編集ができる
  • すぐに自動保存される
  • Google ツールとの連携できる
  • まとめ

まず始めに、Google スプレッドシートとはGoogle 社が提供している無料で使用できる「表計算ソフト」です。

Google スプレッドシート

Google アカウントを持っていれば誰でも使用でき、どのデバイスでもオンライン上でスプレッドシートを作成し、リアルタイムで共同編集を行うことができます。

主な機能としては

  • 表の作成・計算
  • グラフの挿入
  • 共同編集

が挙げられます。

表計算ソフトの代表的なものにはGoogle スプレッドシートの他に冒頭で挙げたMicrosoft Excel があります。Microsoft Excel との大きく異なる点は4つ挙げられます。

  1. Web ブラウザで編集・閲覧できる
  2. 共同編集ができる
  3. すぐに自動保存される
  4. Google ツールとの連携ができる

などが挙げられます。

これらについて、以下に詳しく解説します。

Web ブラウザで編集・閲覧できる

Google スプレッドシートはWeb ブラウザ上で使用できます。Microsoft Excel はパソコンにアプリをインストールする必要があります。一方、Google スプレッドシートではインターネットに接続していれば、いつでもどこでも自由にWeb ブラウザ上での編集が可能です。

共同編集ができる

Google スプレッドシートでは1つのシートを複数のユーザーで共有しながらリアルタイムでの編集が可能です。誰がどこのセルを編集しているかなどの作業内容を一目で確認することが可能です。最大100人のユーザーに対しファイルの閲覧、編集、コメントを同時に行えるよう権限を与えることが可能です。

参考サイト:ファイルの共有と共同編集

すぐに自動保存される

Microsoft Excel と異なり編集後自動的に瞬時にファイルが保存されます。そのため、「ファイルを保存し忘れデータが消えてしまった」ということを回避できます。また、スプレッドシートでは好きな時点に遡って編集することも可能です。

Google ツールとの連携できる

Google 上のその他のアプリとの連携が可能です。

以上4点になります。

まとめ

今回、この記事ではGoogle スプレッドシートの特徴についてMicrosoft Excel と比較しながら説明してきました。これらの特徴を把握したうえで必要に応じたツールを使用することが最適です。

以上、Google スプレッドシートとはどのようなものかの説明でした。