▲TOPへ戻る

ホーム>コンテンツ一覧>ブログのご紹介>GmailとかGoogleアプリの。>Google ドライブとは

GmailとかGoogleアプリの。

Gmail

とか

Google

アプリの。

Google ドライブとは

Google ドライブ GoogleGoogle DriveGoogle アプリGoogle ドライブ
         

こんにちは。

この記事では『Google ドライブ』について説明します。

目次

Google ドライブのシステム概要

Google ドライブは『Google アカウント』を取得すると同時に使用できる「Google が提供するオンラインストレージサービス」です。

Google Drive

また、Google ドライブ上に保存されたファイルをWeb上から操作(閲覧・編集・削除など)を行う『ファイル管理システム機能』も伴っており、さらに標準で『Googleドキュメント』『Googleスプレッドシート』などといった、Google のアプリケーション(アプリ)もインストールされているため、Google アプリを表示、使用することができます。
※2019年4月には、Microsoft Office(WordやExcel)も閲覧・編集できるようになりました。
 厳密には編集は、Googleドキュメント・スプレッドシート、それぞれの機能です。

Google ドライブに標準でインストールされていないアプリケーションのファイルは、Google ドライブ内に保存することは可能ですが、表示のみ可能なファイル、保存のみ可能なファイル、インストールされたアプリケーションに変換することで管理できるファイルなどがあります。

Google ドライブは標準でインストールされているいくつかの Google アプリの他に『Google Workspace Marketplace』に登録されているアプリをインストールすることができます。

他のアプリをインストールすることで、Google ドライブを通じて任意のアプリをWeb上から操作できるようになります。

Googleドライブの語源について

Google(グーグル) とは

『Google(グーグル)』とはアメリカ合衆国に本社を置く企業の名前で『Google 合同会社(LLC)』のことです。

Google LLC(設立当時は『Google LLC』ではなく『Google Inc.』) は、1998年に、ラリー・ペイジ氏、セルゲイ・プリン氏によって設立された、アメリカ合衆国に本社を置く、検索エンジンが有名な企業で、広告や、GWS(有償版Gmail)などで収入を得ている企業です。
※他には、Android・Youtube・Maps・Apps などを運用しています。

2015年に組織再編成のため『Alphabet(アルファベット) Inc. 』を設立、現在はその Alphabet の子会社になっています。

アメリカの巨大IT企業4社の頭文字を取った『GAFA』の『G』でもあります。

ドライブとは

『ドライブ(drive)』とは、動詞では、駆る・運転する、名詞では、駆動機・前進、などの意味をもつ英単語で、IT用語では「目的毎に分けられたストレージの単位」のような意味を持ちます。

これら『Google』と『ドライブ』をあわせて『Google ドライブ』というGoogle のアプリケーション(Google アプリ)・Google の1つのサービス名となります。
※そのため、『Gmail(無料版)』や『Google Workspase(GWS)』などといった Google のプラットフォーム内では『ドライブ』と略されます。

Googleドライブの使用感について

※ここでは、閲覧者は『Windows』または『Macintosh(Mac)』からGoogleアカウントを取得、Google ドライブを使用する、というシーンを想像しています。

パソコン内でファイル操作を行うためには、WIndowsの『エクスプローラー』またはMacの『ファインダー』というファイル管理ソフトを使用されてきたかと思います。

 Google ドライブはそれらファイル管理ソフトに比べ「使いづらい」「遅い」と感じるかと思います。

 使いづらさは Google の企業努力によっておいおいは改善されていくかもしれませんが、完全に改善されることはありません。

 遅さに影響与えるのは「インターネット(通信網)の速度・品質」「使用しているパソコンの負荷」「同時にインターネットを利用する人の数」「地形」「天候」「相手との物理的距離」などがあり、これら何か1つでも問題があれば簡単に通信は遅延します。

そのため Google ドライブがパソコンと比べ感じる「遅さ」なくなりません。

 ※オンライン会議ソフトなども同じ理由で固まったりします。

ここまでで「『OneDrive』や『Dropbox』など、他のオンラインストレージではそんなことはない!」と、お思いの方もいるかもしれません。

それは、遅さは「専用のパソコン用アプリ」と組み合わせことでを回避することができるからです。

Google ドライブにも『パソコン版 Google ドライブ』という専用のアプリケーションがあり、遅さを回避することもできます。

「パソコン版 Google ドライブ」などの専用のパソコン用アプリには「使用しているパソコンのストレージを消費する」「Web上への更新が遅れることがある」などのデメリットもあります。

パソコン版 Google ドライブ については、別の機会に説明します。

Google ドライブとは

Google ドライブ GoogleGoogle DriveGoogle アプリGoogle ドライブ          

こんにちは。

この記事では『Google ドライブ』について説明します。

目次

Google ドライブのシステム概要

Google ドライブは『Google アカウント』を取得すると同時に使用できる「Google が提供するオンラインストレージサービス」です。

Google Drive

また、Google ドライブ上に保存されたファイルをWeb上から操作(閲覧・編集・削除など)を行う『ファイル管理システム機能』も伴っており、さらに標準で『Googleドキュメント』『Googleスプレッドシート』などといった、Google のアプリケーション(アプリ)もインストールされているため、Google アプリを表示、使用することができます。
※2019年4月には、Microsoft Office(WordやExcel)も閲覧・編集できるようになりました。
 厳密には編集は、Googleドキュメント・スプレッドシート、それぞれの機能です。

Google ドライブに標準でインストールされていないアプリケーションのファイルは、Google ドライブ内に保存することは可能ですが、表示のみ可能なファイル、保存のみ可能なファイル、インストールされたアプリケーションに変換することで管理できるファイルなどがあります。

Google ドライブは標準でインストールされているいくつかの Google アプリの他に『Google Workspace Marketplace』に登録されているアプリをインストールすることができます。

他のアプリをインストールすることで、Google ドライブを通じて任意のアプリをWeb上から操作できるようになります。

Googleドライブの語源について

Google(グーグル) とは

『Google(グーグル)』とはアメリカ合衆国に本社を置く企業の名前で『Google 合同会社(LLC)』のことです。

Google LLC(設立当時は『Google LLC』ではなく『Google Inc.』) は、1998年に、ラリー・ペイジ氏、セルゲイ・プリン氏によって設立された、アメリカ合衆国に本社を置く、検索エンジンが有名な企業で、広告や、GWS(有償版Gmail)などで収入を得ている企業です。
※他には、Android・Youtube・Maps・Apps などを運用しています。

2015年に組織再編成のため『Alphabet(アルファベット) Inc. 』を設立、現在はその Alphabet の子会社になっています。

アメリカの巨大IT企業4社の頭文字を取った『GAFA』の『G』でもあります。

ドライブとは

『ドライブ(drive)』とは、動詞では、駆る・運転する、名詞では、駆動機・前進、などの意味をもつ英単語で、IT用語では「目的毎に分けられたストレージの単位」のような意味を持ちます。

これら『Google』と『ドライブ』をあわせて『Google ドライブ』というGoogle のアプリケーション(Google アプリ)・Google の1つのサービス名となります。
※そのため、『Gmail(無料版)』や『Google Workspase(GWS)』などといった Google のプラットフォーム内では『ドライブ』と略されます。

Googleドライブの使用感について

※ここでは、閲覧者は『Windows』または『Macintosh(Mac)』からGoogleアカウントを取得、Google ドライブを使用する、というシーンを想像しています。

パソコン内でファイル操作を行うためには、WIndowsの『エクスプローラー』またはMacの『ファインダー』というファイル管理ソフトを使用されてきたかと思います。

 Google ドライブはそれらファイル管理ソフトに比べ「使いづらい」「遅い」と感じるかと思います。

 使いづらさは Google の企業努力によっておいおいは改善されていくかもしれませんが、完全に改善されることはありません。

 遅さに影響与えるのは「インターネット(通信網)の速度・品質」「使用しているパソコンの負荷」「同時にインターネットを利用する人の数」「地形」「天候」「相手との物理的距離」などがあり、これら何か1つでも問題があれば簡単に通信は遅延します。

そのため Google ドライブがパソコンと比べ感じる「遅さ」なくなりません。

 ※オンライン会議ソフトなども同じ理由で固まったりします。

ここまでで「『OneDrive』や『Dropbox』など、他のオンラインストレージではそんなことはない!」と、お思いの方もいるかもしれません。

それは、遅さは「専用のパソコン用アプリ」と組み合わせことでを回避することができるからです。

Google ドライブにも『パソコン版 Google ドライブ』という専用のアプリケーションがあり、遅さを回避することもできます。

「パソコン版 Google ドライブ」などの専用のパソコン用アプリには「使用しているパソコンのストレージを消費する」「Web上への更新が遅れることがある」などのデメリットもあります。

パソコン版 Google ドライブ については、別の機会に説明します。