▲TOPへ戻る

GmailとかGoogleアプリの。

Gmail

とか

Google

アプリの。

「Google Workspace」って、何?「G Suite」と何が違うの?

Google Workspace G SuiteGoogleGoogle WorkspaceGoogle アプリ
         

こんにちは。「Google Workspace」について説明します。

「Google Workspace」とは

ででん

前回も軽くお伝えはしていたのですが、「Google Workspace」は「G Suite」の新名称で、2020年10月07日前後に変更になったようです。

「Google Workspace」と「G Suite」との違いについて。

名称、以外はありません。
同じものですのでね。
ただ「Google Workspace」になったタイミングで「Gmail」のロゴとか、プラン名やらプランが増えたりと、いろいろ変更はあったり、条件によっては使用できる容量が減るなど、値上げ?と感じられる変更もあるようです。

変更の影響は、The G Suite Team から届いたメールによると、既存の契約者にはなさそうです。そのため、今後の新規に適応される、というように感じます。

引用
このたびの変更はお客様の現行の契約に影響するものではなく、ご利用の G Suite ライセンスと関連サービスは移行が行われるまで、これまでどおりご利用いただけます。詳細は下記をご覧ください。
  

The G Suite Team からのメール一部抜粋

「G Suite」のときと「Google Workspace」になったあとを比べてみる

では「G Suite」時代と「Google Workspace」とで何が変わったか比べてみましょう。
まずは今は閲覧できない「G Suite」の料金ページを見てみます。

https://gsuite.google.co.jp/pricing.html

次に、「Google Workspace」の料金ページを見てみます

https://workspace.google.co.jp/intl/ja/pricing.html

ふむふむ。
まず、気になったこととして、

・エディション

・プラン

・アイテム

「Google アプリ」のときのように、同じことを指している?言葉が複数あります。
言葉の違いに意味があるのか、「エディションって言ったら、プランでアイテムっしょ!」という語彙力なのかはわかりませんが、

ここでは、プランという言葉を使っていきます。

では改めて、差分を探してみましょう。
ただ見てくれが変わり、どことどこをどう見比べれば、わかりやすいのか悩むところですが・・
変更後の方が、それぞれのプランの違いはわかりやすくなったと思います。

プランについて

Basic → Business
StarterBusiness → Business Standar
と、名称変更になったようです。
料金を見る限りは。

Enterprise → 大規模ビジネスかは、パット見わかりません。
Business Plus は新規プランのようですね。

新規プランとうことは、差分も何もないので、今回は触れません。
Google Workspace の、

らへんは、要約のようですね。

生産性とコラボレーション

を、見ていくと、パット見でわかる違いは、1ユーザーあたり のドライブのクラウドストレージの容量だけですね。

容量無制限」は無くなってしまったようで。

Google Meetの接続可能人数や、1回の連続時間のように、新たに情報を出してくれている項目もありますが、G Suite 時代がどうなのかという情報が、G Suite の画面にはないので、比較できません。
なので「Google Meet 接続数」などとGoogle 検索すると・・、G Suite 時代のGoogle Meet の値を見つけることができました。

Enterprise: 250
Business: 150
Basic: 100

Google Workspace Updates より

日本語版

まとめ

では、ここまでで比較できそうな内容を、簡単に表でまとめてみます。

サービス名 G Suite Google Workspace
プラン名 Basic Business Starter
1ユーザー/月 の費用 680円 680円
ドライブ の最大容量 30GB 30GB
Meet の最大接続数 100人 100人
プラン名 Business Business Standard
1ユーザー/月 の費用 1360円 1360円
ドライブの最大容量 無制限
(契約が5ユーザー未満の場合は、
ユーザー1人あたり上限 1TB)
2TB
Meet の最大接続数 150人 150人

変更内容は、プラン名が長くなった(サービス名もですが)、
以外は、
Business Standard(旧称:Business) の、4ユーザー未満の契約者は特をして、5ユーザー契約以上の契約者は損をした、
という、ドライブ(クラウドストレージ)の容量だけのようですね。

今回は、以上です。

「Google Workspace」って、何?「G Suite」と何が違うの?

Google Workspace G SuiteGoogleGoogle WorkspaceGoogle アプリ          

こんにちは。「Google Workspace」について説明します。

「Google Workspace」とは

ででん

前回も軽くお伝えはしていたのですが、「Google Workspace」は「G Suite」の新名称で、2020年10月07日前後に変更になったようです。

「Google Workspace」と「G Suite」との違いについて。

名称、以外はありません。
同じものですのでね。
ただ「Google Workspace」になったタイミングで「Gmail」のロゴとか、プラン名やらプランが増えたりと、いろいろ変更はあったり、条件によっては使用できる容量が減るなど、値上げ?と感じられる変更もあるようです。

変更の影響は、The G Suite Team から届いたメールによると、既存の契約者にはなさそうです。そのため、今後の新規に適応される、というように感じます。

引用
このたびの変更はお客様の現行の契約に影響するものではなく、ご利用の G Suite ライセンスと関連サービスは移行が行われるまで、これまでどおりご利用いただけます。詳細は下記をご覧ください。
  

The G Suite Team からのメール一部抜粋

「G Suite」のときと「Google Workspace」になったあとを比べてみる

では「G Suite」時代と「Google Workspace」とで何が変わったか比べてみましょう。
まずは今は閲覧できない「G Suite」の料金ページを見てみます。

https://gsuite.google.co.jp/pricing.html

次に、「Google Workspace」の料金ページを見てみます

https://workspace.google.co.jp/intl/ja/pricing.html

ふむふむ。
まず、気になったこととして、

・エディション

・プラン

・アイテム

「Google アプリ」のときのように、同じことを指している?言葉が複数あります。
言葉の違いに意味があるのか、「エディションって言ったら、プランでアイテムっしょ!」という語彙力なのかはわかりませんが、

ここでは、プランという言葉を使っていきます。

では改めて、差分を探してみましょう。
ただ見てくれが変わり、どことどこをどう見比べれば、わかりやすいのか悩むところですが・・
変更後の方が、それぞれのプランの違いはわかりやすくなったと思います。

プランについて

Basic → Business
StarterBusiness → Business Standar
と、名称変更になったようです。
料金を見る限りは。

Enterprise → 大規模ビジネスかは、パット見わかりません。
Business Plus は新規プランのようですね。

新規プランとうことは、差分も何もないので、今回は触れません。
Google Workspace の、

らへんは、要約のようですね。

生産性とコラボレーション

を、見ていくと、パット見でわかる違いは、1ユーザーあたり のドライブのクラウドストレージの容量だけですね。

容量無制限」は無くなってしまったようで。

Google Meetの接続可能人数や、1回の連続時間のように、新たに情報を出してくれている項目もありますが、G Suite 時代がどうなのかという情報が、G Suite の画面にはないので、比較できません。
なので「Google Meet 接続数」などとGoogle 検索すると・・、G Suite 時代のGoogle Meet の値を見つけることができました。

Enterprise: 250
Business: 150
Basic: 100

Google Workspace Updates より

日本語版

まとめ

では、ここまでで比較できそうな内容を、簡単に表でまとめてみます。

サービス名 G Suite Google Workspace
プラン名 Basic Business Starter
1ユーザー/月 の費用 680円 680円
ドライブ の最大容量 30GB 30GB
Meet の最大接続数 100人 100人
プラン名 Business Business Standard
1ユーザー/月 の費用 1360円 1360円
ドライブの最大容量 無制限
(契約が5ユーザー未満の場合は、
ユーザー1人あたり上限 1TB)
2TB
Meet の最大接続数 150人 150人

変更内容は、プラン名が長くなった(サービス名もですが)、
以外は、
Business Standard(旧称:Business) の、4ユーザー未満の契約者は特をして、5ユーザー契約以上の契約者は損をした、
という、ドライブ(クラウドストレージ)の容量だけのようですね。

今回は、以上です。

   
会社概要
  • 株式会社Tekuru
  • 〒171-0022
    東京都豊島区南池袋3-9-5 3F
  • E-mail:info@tekuru.com